【意外にも働く時間に融通が利くお仕事:飲食店ホールスタッフ】


ホールスタッフってどんなお仕事?

飲食店のホールスタッフのお仕事は、お客様のお迎えから配席(お席への案内)、お冷出しからご注文の承り、お料理、お飲物の配ぜんからお会計までは一連の流れ。お店によっては盛付等の調理補助的な業務を兼任することもあります。

専門的な知識は特別必要なく、求人募集の条件は、「経験者大歓迎、未経験者もOK」と比較的ゆるめに設定されています。

スムーズな接客対応の為、メニューを覚えたり、注文、お会計の方法をマスターする等、オペレーション上、身につけなければならないことは沢山ありますが、最も大切な事は、お食事を楽しんで頂くためのマナーや気配り。
明るく元気なあいさつと、笑顔でお客様に接するれ、細かいルール等は後からしっかり身についてきます。

またしっかりとした気配りでお客様に目と気が行きとどいていれば、ランチ等の混雑時にもあたふたすることなく、スムーズに対応することが可能。ホール業務の経験値はピーク時に堂々としっかりと対応できるかどうかが全てであるとも言えます。

土日だけじゃない!平日のみでも活躍可能!

さて、飲食店の勤務と言えば、「土日中心」で「夜も勤務が必須」とお考えになる方が多いようですが、そんなことはありません。当社への人材派遣の依頼も「平日ランチ限定」というものから、「土日どちから一方で」というものが中心。土日や夜は学生のアルバイトさん等で人員が確保できていることが多いようです。

また、働く日数と時間についても、「週5日、一日8時間勤務」というフルタイム勤務よりも、「週3日以上でランチタイムを含む5時間程度」というパート勤務の依頼が増えています。 飲食店は人件費に対する考え方がシビアであり、本当に必要な時間と曜日にだけ人が欲しいという希望があります。
この飲食店側の希望と、お仕事をされる主婦の方のニーズが合致することが皆様が考えている以上に多いのです。

大手チェーンのファミレスから個人が経営するレストラン、ラーメン店からパスタ屋、お寿司屋まで。様々な業態の飲食店は常に人材に関する悩みを抱えています。 未経験の方でも、十分就業のチャンスがあり、以外にも時間・曜日に融通が利く。

そして汎用性が高い接客・飲食系の経験を積むことで、勤務の条件にさらに交渉の余地が生まれる飲食店のホール業務は、主婦の方にも手の届きやすい、また将来性も高いお仕事であると考えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目の記事

  1. パート・アルバイトの退職はどのような事が原因になっているのでしょうか? お仕事を探す方も、また採用…
ページ上部へ戻る
Back to Top ↑