ずっと出ている求人は難あり?


毎週チラシを見ているといっつも出ている求人?またチラシにも、ネットにも、ハローワークにもずーっと出ていてなかなか集まっていなそう。申し込んでみたいけど、ちょっと怪しい・・・
こんな求人に申し込むのって実際どうなんでしょうか?考えてみたいと思います。

好条件でも人が見つからない時代。きっかけは震災?

求人の中には介護職や営業職など、もともと応募が集まり辛い職種があるのは事実。しかし、今はなかなか働き手が見つからない時代。どこの企業も人材の獲得に一苦労しているというのが実態です。

例えば人気の事務職。時給1000円で交通費別途支給。平日の10時~15時までという好条件。一昔前なら応募が殺到したこのようなお仕事も今では応募の電話一本なれば御の字というくらい、求人市場は募集企業と応募者のミスマッチが拡大しています。

こんな状況がいつから続いているのか?広告代理店の営業さん、また当社の応募状況を見ていると、どうも東日本大震災以来に冷え込んだ「求人応募」が今だ戻り切っていない様子です。

当社が、毎年まったく同じ場所で、同じ時期に発生する同じ仕事で募集をかけても
例年30を超える応募があったお仕事への応募が5件程度とその反応の低さにびっくりしたことがあります。これが今でも戻りきっておらず、時給をあげても反応は鈍いまま。
定点観測した当社の事例に「うちもそうだ!」とご賛同頂ける企業様も多いのではないでしょうか?

チラシが終わればおしまい。企業が使えるツールが少ない

求人市場がどうあれ、動き続ける企業は求人活動を続けざるを得ません。そこでまずは無料で使えるハローワークに求人を出稿。反応が悪ければ次の手段、そうです。皆様お馴染みの求人広告を使うわけですが、実は企業が持つ現実的な求人の手段はこれでおしまい。

新聞折り込み、フリーペーパー、インターネット求人と色々手段はあるように見えますが、
もしもそれがダメだったらどうするか?「A社をB社に変える」程度の求人方法しか企業には残されていないのです。

現スタッフの退職が決まり、その期日が迫っている。しかしハローワークからもチラシからも応募がない。フリーペーパーにしたけどまだこない。一縷の望みを託して、また別の会社のチラシを使う。このような現象は現在多くの企業で見られていることで有り、業種や職種を問いません。

決して、繰り返し求人媒体を使って募集をかけている会社の全てがブ〇ックなんてことはないのです。むしろ2~3週連続の掲載なんて当たり前ですよ。

それに、お仕事を探している方はご存じないかも知れませんが、求人チラシの会社の多くが「2週掲載パック」等を用意しているんです。こんなところを見れば連週の掲載が自然なものであることは明白であると私は考えます。

下手に先入観を持つと損をするのは自分

確かに何週にもわたって求人が掲載されている企業に「集まっていないのかなぁ?」という気持ちを持つのは自然な感情です。1週置きにチラシが出ていたら、「入ったけどすぐやめちゃったのかな?」と思うのも当然。求人を出稿する企業や広告会社にも工夫は求められるとは思います。

しかし、変に勘ぐりすぎても損をしてしまいます。抱いた先入観から自分に合いそうな好条件の仕事を見送るのももったいないですよ。それに、「毎週募集を出しているブ〇ック企業では?」なんて思いながらお仕事を始めてしまうと、普通のことも異常と受け止めてしまう可能性があります。

ちょっと誰かに注意されただけで、よんどころのない事情で誰かが辞めただけで、「この会社、もしかして・・・」なんて不安に駆られてるしまう。これってなんだかもったいないですし、必要のない気苦労をしているようにしか見えません。慎重になるのは良いことですが、妙な先入観を持つ事で得をすることはありませんので、ご注意ください。

真偽は自分の目と体験で!ネットの情報に振り回されない!

どんなお仕事にもやる前には、「その会社でやっていけるのか?」という不安はつきもの。そんな不安を解消するために人は日々頑張るわけですし、また慣れや時間も必要です。
仕事は結局「やらなきゃ分からない」、実際にその会社に自分の身を預けて、体感してみなければ理解することなんて出来ないんです。

「ブ〇ック企業」と呼ばれる企業ある一方で、「一流で最高」と呼ばれる企業の退職者が後を絶たないなんて事実もゴロゴロあります。「よくあんな会社で働いてるね」なんて周りから言われても、「自分には合っている」とニコニコ元気に働いている方も沢山いらっしゃいます。結局、真偽は働いた当人しかわからないのです。

「ならば」とネットで口コミを検索する人もいらっしゃいますが、その方の言うことの正当性はどうやって証明するのでしょうか?更新日ですか?それとも口コミの量ですか?
名無しで無責任な口コミなどに振り回されてチャンスを逃すようなことだけはあってはいけません。

毎週見ている求人、それが良く見かける広告の常連でも、条件が自分に合っていればまずは飛び込んでみることです。半信半疑で飛び込むなら、自分が気になることを面接で聞いてしまえばいいのです。

「御社の求人をチラシでよく見かけるのですが・・・」

そこまで言えば、面接担当者は事情を話すはずです。そこで先方のお話に嘘が感じられなかったら、相手の心意気を感じたら、是非とも飛び込んでみるべき。チャンスや出会いというのはこういう場目にこそ転がっているものですよ。

勿論あなたを言いくるめようと嘘をつく卑怯者だっているかも知れません。そうならばスグに辞めてしまえばいいだけです。嘘つきの為に自分のキャリアや心にも傷を残す必要など一切ありません!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注目の記事

  1. パート・アルバイトの退職はどのような事が原因になっているのでしょうか? お仕事を探す方も、また採用…
ページ上部へ戻る
Back to Top ↑