山武市

山武市で人材派遣会社を探すコツ

山武市での人材獲得に苦戦している企業様へ。

ワークパワーは「山武市の人材派遣に強い」女性専門の人材派遣会社です。
本項では、山武市が発表した統計データ(人口ビジョン:平成27年10月)から山武市で「人が集め辛い要因」を解説するとともに、派遣会社である当社の実績をもとに、派遣会社に人材の派遣を依頼する際のコツをまとめています。

場所を問わず、人材確保に一苦労のご時世、「人が集まらない、採れない」とお悩みの山武市の企業様、お店様の一助になればと存じます。

【目次】

    1. 産業主体は農業、製造、卸売・小売り
    2. 山武市の人口の現状
    3. 女性は40~60代が主役
    4. 予備軍である30代の女性確保の為に
    5. 必要なシフトを決めてから頼む
    6. スキル、経験は必要最低限なものだけで

 

山武市で派遣会社をお探しの企業様へ

 

1.産業主体は農業、製造、卸売・小売り

緑豊かな千葉県山武市。主要産業は農業。また豊富な土地資源から製造工場も数多く存在しているほか、成田空港、圏央道に隣接していることから物流施設が数多く立地し、山武市の産業と雇用を支えています。

性別毎に従事している仕事の職種を見ると、男性の多くは製造・建設・物流等の第二次産業。女性は第三次産業に部類されるサービス業の中でも、

卸売・小売業への従事

が目立ちます。

統計上、山武市の主要産業と言われる農業については、勤務者の年齢は60代以上が中心。従事者数こそ全国平均を上回っているもののその数は過去20年間で半減するなど、高齢化の影響による深刻な従事者不足、後継者問題にぶつかっているといえるでしょう。

【出典:国税調査】

2.山武市の人口の現状

山武氏の年齢別人口は、いわゆる「団塊の世代」である55~64歳の層が厚く、時点は65~69歳、40代後半と続きます。

【出典:山武市人口ビジョン】

男女差はほぼありません。豊かな自然や豊富な土地資源を理由に、その「住みよさ」定住者が多い山武市ですが、一方で、山武市の年齢別人口において特徴的な点は20~34歳の層が少なく、またこの層の他市町村への転出が多いところです。
転出の理由としては、「就職」、「入学」、「結婚」等、

人生の節目のタイミングで若年層が転出

 

して行くことが多い模様。調査によると、高校卒業後の教育・雇用の受け皿が少ないことから、進学・就職の為に他の市町村へ「行かざるを得ない」というのが実態と考えられます。

山武市の統計データによりますと、特に20代の転出超過は過去30年に渡り続いており、若者の転出はさらなる出生率の低下に繋がることから問題は深刻です。

但し、転出する若者の多くが「山武市に10年以上の在住歴がある」方が大半であり、また、山武市が実施した
アンケートにおいても、

「いずれ戻ってきたい」という意識が高く、

 

市の人口試算にも、Uターン人員が盛り込まれる等、人口状況において他の市町村にはない、前方未来に向けての希望が見えているユニークなお土地柄と言えるでしょう。

一方山武市への転入については、転入後の持ち家比率が高いことから市内の親族の土地・所有住居を目的とした転入が多いため、二世代、三世代同居型の世帯が多いのが特徴。

同居者が多ければ、例えば小さな子供がいる家庭でも、「おばあちゃんに預けて自分は仕事に」というアクションを主婦、ママが起こしやすい、つまり家庭環境としては「働きやすい環境」を持つ女性が多いのではないかと思われます。

山武市の女性採用において、この点、押さえておいて損はないでしょう。


女性専門の人材派遣会社のご案内

 

 3.女性は40~60代が主役

山武市の年齢階級別産業人口を見ますと、山武市の産業人口は就業者の60%を60代が占める農業林業は別格として、グラフ中、濃い青で表される50代と緑色であらわされる40代、そして青で表される60代を中心に構成されているのがわかります。

注目は、山武市で女性の働き手が多い「卸売業、小売業」や、社会一般的に女性の就業比率が高いといわれる、「宿泊業、サービス業」そして、「サービス業」の3つの項目。どの項目のグラフも、濃い青、灰色の

40~60代が6割以上

を占めており、物販、サービスの分野で働く女性の多くが40代以上であることが確認できます。

【出典:山武市人口ビジョン】

製造業や運輸業等、男性の従事者が多い業界では30代が主役である一方で、女性が中心となる業界では20代等の若年層の従事率が少ない点から、サービス業などにおける人材確保において「若い女性」を確保するのが困難であることは容易に見て取れます。

もちろん商売柄若手を必要とするケースもあると思いますが、絶対数が少ないゾーンの人材を他者と争うよりも、ボリュームが多いゾーンを狙うのが定石。

山武市における女性人材の確保は、「40代以上を前提」に考えていくことが、人材獲得難を乗り切っていく一つの大きなポイントと言えるでしょう。

4.予備軍である30代の女性確保の為に

企業間、お店間で人材の競争が激しくなる昨今、山武市では必然的に40代以上の女性を「取り合う」事になるわけですが、求人に莫大な経費をかけられる大手企業と正面から勝負しても勝てないのは必至。

40代以上の女性達が魅力的だと感じられる環境づくりを作り訴求をしていくとともに、もう一手。

30代の女性

にも目を向けてみるのはいかがでしょうか?

年齢階級別産業人口のグラフでは女性が付きそうな職種に30代の割合は多くありませんでしたが、これは30代の女性がいないということではなく、子育て・育児と両立ができる仕事が少なく、まだ「家から出てきていない」だけというとらえ方もできます。
【出典:山武市人口ビジョン】

人口減にありながら、世帯数は増えているという土地柄の山武市。転入者理由の多くが「結婚」、「住宅の購入」という点を考えれば、そこから潜在的な労働力と称される「主婦・ママ」達の存在を確認することは十分にできると思います。また、親との同居率の高さを合わせて考えれば、おばあちゃん、おじいちゃんにより育児のバックアップも十分に期待できるはず。

SONY DSC

40代以上が主役となる山武市における女性の獲得競争で一歩リードをするために、主婦・ママをはじめとした30代女性の活用の為に自社ができること(仕事、組織の在り方の変更等)に着目してみるのはいかがでしょうか?

新規人材の獲得のためのアクションが、ひいては既存スタッフの手厚いケアに代わることもありますので、

自社スタッフの流出防止

にも役立てていくことができるのではないかと当社は考えます。


女性専門の人材派遣会社のご案内

5.必要なシフトを決めてから頼む

自社で人材を確保できないときに便利な存在が人材派遣会社。ここからは山武市で人材派遣会社に依頼をする際に注意しておきたいポイントについてお話をさせて頂きます。

まずはシフトについて。派遣会社に人材の派遣を依頼する場合、経験やスキル等の前に大切なことはシフトです。
つまり、

「何曜日の何時から何時まで人材が必要なのか」

という点です。

派遣サービスを利用したことがない企業様でありがちな勘違いが、「好きな時に来てもらって、好きな時に休んでもらえる」というもの。人材派遣はサービス前の段階で取り交わす「派遣契約」において定められた曜日、時間に従いスタッフを従事させるという大前提が存在します。

つまり、派遣を頼む前の段階で、

「月・水・金の週3日間、10時から15時まで」

というようなシフトを事前に決定しておく必要があるのです。

勤務日時が決まっていませんと、派遣会社としても登録しているスタッフにお仕事の紹介のしようがなくなります。どの場所でなんの仕事で、時給がいくらで、でも「日時が不明」というのでは、派遣スタッフさんだって仕事の「受けよう」がありませんよね。

また、働く時間が限られるパート希望の主婦・ママ層にとっては、仕事の内容よりも、時給よりも、何よりも大切なことはシフトです。育児と家事に追われながら、それでも働きに出る主婦ママは時間の管理が上手でシビア。

彼女らのリクエストにしっかりと答えていくためにも、日ごろからシフト管理をしっかり行い、派遣会社に頼む際にもこれをしっかり実行できれば、派遣会社からの「ウケ」も良く、早い段階での人材の派遣が実現することが可能となります。

派遣会社への依頼前には、派遣される人材の勤務シフトを可能な限り正確に準備を行っておきましょう。


女性専門の人材派遣会社のご案内

6.スキル、経験は必要最低限なものだけで

次に、派遣スタッフに求めるスキル・経験についてですが、

必要最低限のもの

だけを派遣会社に伝えると良いでしょう。
自社で人材を雇用するより派遣に頼む方がコストがかかるため、派遣を頼む側としてはつい、必要以上の経験やスキルを求めてしまう、いわゆる「盛る」という状態に陥ってしまいがちですが、あまりにハイスペックな人材を求められると派遣会社の引き当てにおいて時間がかかるばかりか、最悪は「該当者なし」で派遣不可能という憂き目にあってしまいます。

「良い人材=経験豊富、高スキル」とは限らないものです。

いわゆる「良い人材」の定義は会社ごとに異なると思いますが、おおむね、

明るく元気で素直な方

上記の三点に集約されるのではないでしょうか?

スキルや経験は業務遂行の裏付けにはなっても「良い人材」を担保するものではないはずです。
派遣スタッフ依頼の際には、「あれこれ盛らずに」業務遂行に必要な「根っこ」にあたる必要な最低限の経験やスキルを派遣会社に伝えリクエストすることをお勧め致します。この方が、派遣料金を抑えることも、またスピーディーな人材の派遣にもつながり最終的にはお得になります。

いかがでしたでしょうか?若年層の転出が目立つ山武市において、女性労働者の主役は40代以降の女性であること、また30代の女性陣の存在と、主婦・ママ層を戦力として確保していくためのコツについてお話をさせて頂きました。

主婦・ママ層は時間の管理についてシビアです。採用側が子育て・家事との両立等へもしっかりと意識を及ばした環境作りを行えれば、採用に苦戦している企業・お店様も莫大な求人費用を欠けることなく、人材を獲得することが可能になると考えます。

人材派遣会社への依頼も同様。勤務者思いの企業・お店は、派遣スタッフを大切にしてくださることが多いので、派遣会社にとっても、「何とか派遣したい」と思わせる存在。自社での採用が難しい時こそ派遣会社を味方につけるという考えをお持ち頂ければと思います。


女性専門の人材派遣会社のご案内

  1. 山武市

    山武市で人材派遣会社を探すコツ
  2. 市原市

    市原市で人材派遣会社を探すコツ
PAGE TOP