at the end of 2014

今年も早いものであと1日。

毎年大晦日の好例となった

当ブログ「アツイキ」の更新を

今年も事務所で一人行っております。

皆様にとって2013年はどのような年

でありましたでしょうか?

私自身、2013年をは振り返るに、

今年は誠に「縁」に恵まれた

一年であったと考えます。

人材派遣・人材紹介という事業を

営んでいる以上、毎日が出会いに満ちた

日々ではあるのですが、今年は日々の

業務に加え、いち事業者として対外的な

交流を積極的に行った事もあり、社内外

問わず、様々な方々との出会いと縁に満ちた

一年間となりました。

世の中、本当に色々な人や考え方があるもので、

自分がいかに「井の中の蛙」であったかを痛感

しました。

しかしその一方で、

行動するたびに、広がっていく世界の大きさを

感じながら、今までの自分では決して得られな

かったであろう経験や知識、また感情等も

沢山経験させて頂きました。

仕事上での沢山のスタッフさんとの出会い。

いち経営者としての様々な出会い。

種類や性質、また目的はまったく異なるものの

不思議と感じる繋がり。

これをどう表現しようかと悩んでいるときに、

新聞に論語の一節を見つけました。

「朋あり遠方より来る。また楽しからずや」

言わずと知れた論語、「学而編」の一節。

意味や解釈は沢山あり、最近では

「心の友と呼べるような親友が遠くから訪ねて

きてくれるのは、たいへん増しく楽しいものです」

といった意味合いの物が代表的な解釈とされて

おりますが、本義は、

「信念を持った行動をしていれば、おのずと

志を共にする仲間と出会うことができる」

というものなのだだそうです。

働く事に価値と幸せ、そして自身の存在意義を

見つけようと頑張るスタッフさん。

社会貢献を最終的な目標として日々努力される

経営者の皆様。

その間であがく私。

目的や方法は違くとも、「働く」ということの

延長線上にかけがえのない何かを見出そうと

している信念や志は同質ではないかと

私は思っています。

来年はどんな年にしましょうか?

毎年恒例の私の来年の1文字は

「開」。

色々な意味で広く門戸を開く。

閉じたドアをこじ開ける。

自分の心も広く開放し、志を高めることで、

さらに多くの「朋」と出会えるような一年

にしていきたいなと考えております。

2013年。

ご発注を下さったお客様と出会いを下さった

皆様に心からの感謝を、

スタッフさんに心から感謝をと尊敬を、

弊社従業員に心からのねぎらいと感謝を、

そして、

被災地の皆様に心からのエールを、

最後に、

妻と娘に心のからの愛をささげ、

2013年、アツイキの締めとさせて頂きます。

それでは今年もいつもの締めでお別れ

しましょう!

「格好悪くても、アツク生きよう!!」

 

来年もアツイキ、宜しくお願い致します。

皆様良いお年をお迎え下さいませ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)