普通に暮らす

このところ収まり気味の余震。
というよりは、私達が慣れてきたのでしょうか?

「地震酔い」に悩まされている方もいらっしゃると思いますが、
人間は強いもの。付き合い方一つで気持ちも楽になると考えます。

鈍感な私は、気づかないか、グラっときても「またか~」という具合。
いいのか悪いのか分かりませんが、私は少しも怖くなくなりました。

被災地では復興の真っ只中。
新聞、TVでは悲しいニュースと同じくらい、被災地ではない私達が
元気になるようなお話が沢山報道されています。

負けていられませんね。

TV、ラジオ等では「自分達ができることから」という言葉が繰り返し
流れてきます。

「自分達にできること」ってなんでしょう。

募金をすることもそうでしょう。
節電をすることもそうでしょう。

TVを見て涙を流すこともそうですし、祈りを捧げる事も同じ。

「自分達にできること」

私は思います。

それは、いつもどおりでいること。

いつも通りに生活して、買い物して、仕事をして、

泣いて、笑って楽しんで。

それを不謹慎という方もいらっしゃると思います。

日本が沈んでいる今、当たり前に日々の活動ができる私達が

それを辞めてしまったら、日本はもっと大変なことになって

しまうのではないでしょうか?

過度な自己犠牲も必要ありません。
全力で走ることも必要ありません。

しかし、歩き続けること。

いつも通りに前を向いて歩き続けること。

これだけは辞めてはいけないと思うのです。

不安を抱えている人を励ますのは、言葉ではなく、

いつも通りに暮らす自分の姿を見せることなのかなぁと

最近思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)